審査会について




昇級審査について(一級まで)

昇級審査は年3回(4、8, 12月)行われます。受審資格者は下記の通りです。

1)入門より3ヶ月以上又は稽古回数が30回以上の者
2)経験者、再入門の者
3)指導員が受審資格を認めた者

白帯からスタートして橙帯、青帯、黄帯、緑帯、茶帯と昇級していきます。

注意事項

※ 4級以上の受審者は、合宿参加が義務づけられています。
※ 受審者は所定の申込用紙に必要事項を記入し、期日までに申込金を添えて
提出して下さい。
※ 入会手続きをされてない方、会費の未納がある方は、受審しても帯、認定状は
発行されません。所定の手続きをしてから受審して下さい。

審査を受審するにあたって

審査は筆記テスト、実技[準備運動、基本稽古、移動稽古、スパーリング、補強、柔軟性、型]
の正確性が対象になりますが、  合格点に満たない場合でも、普段からの稽古に取り組む姿勢や
気合等、本人のやる気が点数を補う事があります。

(注) 審査の当日は道場(稽古場)に入る時から審査は始まっています。
 基本である挨拶や返事が出来ず、あまりに気持ちが緩んでいる場合、当日の受審をお断
 りする場合がありますのでご了承下さい。

筆記テストについて 

筆記テストは道場訓が書ける事、ホームページ上に掲載されてる事や 
稽古で行う基本的な事です。60点以上が合格点ですが、不合格の場合再テストになります。 


※ 飛び級は、普段からの稽古に取り組む姿勢や総合的な実力で判断させて頂きます。 
従って受審者が判断するものではありません。 
※ 道場訓は、ひらがなでも構いませんが減点になります。(少年部低学年を除く) 
※ 幼年の昇級審査に筆記テストはありません。 
※ 昇級保留になると2時間以上の補習が必要になります。苦手な事を直しておきましょう。
 

~ 型の目安 ~ 


受 審 級受 審 型

10級 橙 太極Ⅰ・Ⅱ

9級 橙銀線 太極Ⅲ・足技太極Ⅰ・Ⅱ

8級 青 足技太極Ⅲ・平安Ⅰ

7級 青銀線 安三・平安Ⅱ

6級 黄 三戦・平安Ⅲ

5級 黄銀線 突きの型・平安Ⅳ

4級 緑 平安Ⅴ・平安Ⅰ裏

3級 緑銀線 平安Ⅱ裏・平安Ⅲ裏

2級 茶 平安Ⅳ裏・平安Ⅴ裏

1級 茶銀線 平安Ⅰ~Ⅴ ・ その他 ・  撃砕大まで

初 段  平安Ⅰ~Ⅴ ・ その他 ・ 撃砕小・最破まで

弐 段  平安Ⅰ~Ⅴ ・ その他 ・ 征遠鎮 ・ 臥龍 まで

参 段  平安Ⅰ~Ⅴ ・ その他 ・ 十八 ・ 転掌 まで
 
四 段 平安Ⅰ~Ⅴ ・ その他 ・  観空 ・ 五十四歩まで

 受審型は変更になる場合があります。受審型以上を行える受審者、または経験者には 
 飛び級になる場合がありますのでご了承願います(注1) 

 (注1) 飛び級は型が出来れば良いのではなく、総合的な実力を伴うものとします。 

※ 型は、基本をしっかり身に付け、移動稽古で足の運びと技の動きを呼吸で一致させ、 
 それを型の動きの中で実践で使う事を想定し稽古を行って下さい。 

 従って、型の順番が出来れば出来たと思ってはいけません。常に立ち方、 
 力の生まれ方等を意識した稽古が必要です。 

【型の三要素】 


 力の強弱・技の緩急・息の調整 

 それぞれの型の挙動はもちろんのこと、姿勢、目線、バランス、部位の確認、破壊力、 
 これらを意識することで完成度の高い型を目指して下さい。 


【空手の定義】 


 点を中心として円を描き、線はそれに付随するものなり。

昇級審査料

✦ 少年部(中学生以下)¥7,700(帯、昇級認定状代含む)
✦ 一般部(高校生以上)¥11,000(帯、昇級認定状代含む)
✦ 昇級再審査料¥3,240(前回の審査で保留となった者)

※ 筆記テスト4回目より再審査になります。

※ 昇級認定状は極真会館世界全極真公認認定状になります。
 
昇段審査について(初段以上)

昇段者は1年間の指導補佐及び道場行事への参加義務が生じます。
昇段受審者の資格は下記の通りです。

※ 道場の基準を全うする者
※ 指導能力を有し、人格的に優れた者
※ 昇段レポートを提出出来る者(原稿用紙1枚以上)

昇段審査料 ¥11,000

合格者は更に

帯代と認定状の発行代が掛かります。(段位により変わります)

昇段再審査料¥11,000(前回の審査で保留となった者)

※ 世界全極真の有段者名簿への登録、手数料が含まれます。 
※ 昇段認定状には大山倍達総裁、最高師範 長谷川一幸総師の
 公認連名が入ります。